協賛に関する規約

本規約は、ICheck株式会社(以下、「当社」といいます。)が配信頒布する「ワクパス」(以下、事業を「本件サービス」といい、本件サービスのためにApple App Store及びGoogle Playにて配信されるアプリケーションを「本件アプリ」といいます。)について、協賛する事業者が、その内容及び条件を定めることを目的とします。
本件サービスに賛同の上協賛される事業者は、本規約に同意する必要があり、申し込まれた事業者は、申込書に一体して本規約の内容全てに同意したものとみなされます。

第1条 (目的)

  1. 1 本規約に基づき申し込んだ事業者(以下、「スポンサー」といいます。)は、本件サービスの目的に賛同し、スポンサーの事業に関連し別途当社と合意する内容のクーポン(以下、「本件クーポン」といいます。)を本件アプリ上で配布することに合意します。
  2. 2 当社及びスポンサーは、本件サービスの公益性に鑑み、本件アプリ及び本件クーポンの内容及び配布方法について配慮するよう努めるものとします
  3. 3 スポンサーは、利用者からのスポンサー発行のクーポンに関する問い合わせまたは苦情等に自己の責任において対応するものとします。
  4. 4 スポンサーは、スポンサー発行のクーポンの提供にあたって、自己の責任において景品表示法、著作権法、その他の法令その他の規制を遵守するものとします。
  5. 5 スポンサーが本件クーポンの内容を変更するときは、当社所定の方法で当社宛に申込むものとします。

第2条(スポンサーであることの表示)

スポンサーは、その有効期間中、当社が指定する方法で、本件サービスのスポンサーであること及び本件アプリのロゴ等を使用することができます。

第3条(広告効果等に関する免責)

  1. 1 当社は、スポンサーの協賛により、本件クーポンに関連する商品又はサービスの売上等の向上について効果があることを何ら保証しません。
  2. 2 当社は、本件サービスの実施について、天災、動乱、疫病その他の不可抗力又は当社の管理できない事由によって、本件サービスの中止、中断、その他の不完全な実施が生じたとしても、いかなる責任も負いません。

第4条(機密保持義務)

  1. 1 当社及びスポンサーは、本件サービスに関連する機密情報について善良なる管理者の注意をもって管理する義務を負い、当該機密情報を事前の相手方の承諾なく第三者に開示・漏洩・公表してはなりません。
  2. 2 前項で定める機密情報とは、本規約所定の業務等に関連して、当事者又は対象事業所若しくはその運営者である顧客がスポンサーに対し、開示された又は将来開示される、口頭、書面、その他あらゆる形式による情報及び資料(電磁的記録を含む。以下同じ。)とします。但し、次の各号に掲げる情報又は資料はこの限りではありません。
    1. ①開示前に公知になっていたか、情報の受領者が既に適法に保有していた情報又は資料
    2. ②開示後に本規約に違反することなく公知になった情報又は資料
    3. ③第三者から機密保持義務を負うことなく適法に入手した情報又は資料
    4. ④開示した一方当事者から、書面によって開示を許諾された情報又は資料
    5. ⑤開示を受けた機密情報とは無関係に独自に開発、又は発明されたものの情報又は資料
    6. ⑥法令等により開示する義務が生じた情報又は資料

第5条(反社会的勢力の排除)

  1. 1 本規約において「反社会的勢力等」とは、以下の各号の団体をいい、当社及びスポンサーは、自己、自己の役員 及び重要な使用人等、又は自己の特別利害関係人(自己の役員の配偶者及び二親等内の血族、これらの者により議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及びその役員)が以下の各号のいずれにも該当しないこと及び以下の各号の反社会的勢力等に該当する個人又は団体に資金提供若しくはそれに準ずる行為を通じて、以下の各号の団体の維持、運営に協力又は関与していないこと、並びにそれらと交流を持っていないことを他の当事者に対し表明し保証するものとします。
    1. ①暴力団
    2. ②暴力団の構成員(準構成員を含む。)
    3. ③暴力団関係企業又は暴力団若しくは暴力団の構成員が出資若しくは業務執行に関して重要な地位に就いている団体
    4. ④総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ及びこれらに準じる反社会的勢力に該当するもの
    5. ⑤特殊知能暴力団及びこれに準じる反社会的勢力に該当する団体又はその構成員
    6. ⑥その他前各号に準ずる者
  2. 2 当社及びスポンサーは、自己又は自己の役員及び従業員等若しくはその他第三者を利用して他の当事者に対し以下の各号に該当する行為を行わないことを表明し確約するものとします。
    1. ①暴力的な要求行為
    2. ②法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. ③取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. ④風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて他の当事者の信用を毀損し、又は他の当事者の業務を妨害する行為
    5. ⑤その他前各号に準ずる行為
  3. 3 当社及びスポンサーは、相手方が前2項に違反すると判明したときは、なんら催告なく本規約を解除することができます。この場合において、当社は受領済みの協賛金を返還する義務を負わないものとします。

第6条(協賛主体の制限)

  1. 1 スポンサーは、以下の各号に該当するスポンサーでないことを表明し保証します。
    1. ①特定の思想・宗教に関する政治的、宗教的、思想的な宣伝を目的とする者
    2. ②科学的根拠に乏しい商品の効用を謳って商品を販売する者
    3. ③電話勧誘販売、連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引、訪問販売又はそれに類する販売方法を事業とする者
    4. ④風俗営業に属する事業を行う者
    5. ⑤インターネット異性紹介事業、その他いわゆる社会通念上、「出会い系」とされるサービスに属する事業を行う者
    6. ⑥賭博行為、ギャンブルに関する事業を行う者
    7. ⑦法令、又は公序良俗に反する事業を行う者
    8. ⑧本件サービスと競合する事業をもっぱら行う者
    9. ⑨その他当社が適切ではないと判断する者
  2. 2 当社は、スポンサーが前項に違反すると判明したときは、なんら催告なく当然に本件アプリ上での本件クーポンの配布を中止することができ、違反の程度が重大であると当社が判断したときは、本規約を解除することができるものとします。この場合において、当社は受領済みの協賛金を返還する義務を負わないものとします。

第7条(地位の譲渡禁止)

当社及びスポンサーは、本規約に基づく地位又は権利義務を第三者に譲渡、貸借、又は担保の用に供することを禁止するものであることを確認します。

第8条(解除)

  1. 1 当社は、スポンサーが次の各号のいずれか一つに該当したときは、何らの通知、催告を要せず、直ちに本規約の全部又は一部を解除することができるものとします。
    1. ①スポンサーが本規約の全部又は一部に違反する行為があったとき
    2. ②スポンサーが当社、本件サービス又は本件アプリの信用を失墜させる行為を行ったとき又はそのおそれのあるとき
    3. ③仮差押命令、仮処分命令,差押命令、強制競売、強制執行、担保不動産競売、破産、民事再生手続、会社更生手続,もしくは特別清算開始を受けた場合、または租税公課を滞納して差押を受けた場合
    4. ④営業を休止または廃止した場合
    5. ⑤支払いを停止した場合、または手形交換所の取引停止処分を受けた場合
    6. ⑥会社または団体の解散事由が発生した場合
    7. ⑦その他、前各号に類する事情が存するとき
  2. 2 前項の解除は損害賠償(合理的に算定した弁護士費用を含むが、これに限られない。)の行使を妨げるものではありません。

第9条(契約期間)

  1. 1 本規約の有効期間は、本規約の締結日から3ヶ月間とします。
  2. 2 前項の定めに関わらず、当社及びスポンサーとの間で、終了の10日前までに何らの連絡もなかったときは、同内容でさらに3ヶ月更新されるものとし、以降も同様とします。

第10条(協議)

当社及びスポンサーは、本規約に定めのない事項及び解釈に疑義がある事項が生じたときは、双方協議の上、信義誠実の原則に基づき円満に解決するものとします。

第11条(準拠法及び専属的合意管轄)

  1. 1 本規約は、日本法を準拠法とします。
  2. 2 当社及びスポンサーは、本規約又は本件業務に起因関連して紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。